「増患」「集患」よりもお口の病気を治すことに専念したい先生へ

治療に取り組まれている歯科医院の先生

「広告は必要ない」
「ホームページはとりあえずあるからいい」
「増患、集患に興味がない」

本記事はこういったお考えの先生に向けた内容です。

 

本記事の内容

・ホームページは広告ではありません
・患者さんは必ずホームページを見ます
・「増患」や「集患」より大事なこと

この記事を書いている僕は、
・Web業界に携わって15年
・歯科のWebコンサルティングに携わって10年
・自分で歯科専門のWebサービスを始めて3年(2021年現在)
様々な歯科学会やスタディグループに参加しながら勉強し、1,000件以上の歯科医院にご提案、200人以上の先生方とお付き合いさせていただき研鑽を積んで参りました。

 

 

ホームページは広告ではありません

panis-blog-dental01

これを読んでいる先生の元にはホームページに関するたくさんの営業やご提案がきてると思います。
その度に「患者さんには困ってない」「広告は一切やらない」とお断りされてませんか?
そもそもなぜ先生の元にご提案がくるのか気になりませんか?
それにはちゃんと理由があります。

僕も歯科医院のホームページを拝見し、先生にご提案させてもらってます。
なぜ先生にご提案させていただくのかその理由についてお話しさせていただきますね。

 

歯科医院の特長がわかりにくい

「特長なんてない」「他の歯科医院と同じ」そのようにおっしゃる先生もたくさんいます。
でもよくよく先生に話を聞いてみると「実は根の治療が得意」「入れ歯作りに定評がある」「ある分野の専門医である」など、ホームページには書かれていない技術を持っている先生がたくさんいます。
「そんな専門的で難しいこと載せても仕方ないだろう」そう思われるかもしれませんが、それこそが患者さんに見てもらうべき情報なのです。

 

困って探している患者さんがいる

先生の得意な治療を大々的にホームページに打ち出すのはいやらしい感じがして抵抗があるかもしれません。
でもそれは一昔前の話です。
現在は、よほどのことがない限りホームページを公開していない歯科医院はほぼないような状況です。
そのホームページを見る患者さんもほとんどの方がご自宅にPCがあり、もしくはスマートフォンを持っている方がほとんどではないでしょうか。
そのような状況ですので、調べ物や探し物をする際は必ずGoogleやYahoo!を利用するという方がほとんどです。
そう考えると、ホームページは派手な広告ではなく、困って探している方に見てもらうためのツールと言えるのではないでしょうか。

 

患者さんは必ずホームページを見ます

panis-blog-dental02

「そんなに難しいことを書いても患者さんは読まないだろう」そう思われるかもしれません。
でもここで患者さんにお伝えしたいのはあくまでも先生のこだわりやスタンスの部分です。

例えば、根管治療が得意な先生であれば、「なぜ根管治療に取り組むのか」というスタンスだったり、「天然歯を残すことの大切さ」という考え方だったり。
同様に、インプラントが得意な先生であれば、「メーカーへのこだわり」だったり、「インプラントを行う際の体制」だったり、「精密診断の重要性」など。

他の歯科治療と並んで「こんな治療もできます」と書かれているホームページより「この治療で実績がありこのような考えで取り組んでいます」と書かれている方が患者さんにとってはわかりやすさが違います。

また、このように医学的に専門的な内容を盛り込むことは、Googleの検索エンジンも推奨しています。(2021年現在、Yahoo!もGoogleの検索アルゴリズムを採用していることからGoogleのみを記載しています)

 

Googleの検索品質評価ガイドライン

ネットで物を調べる時や探す時はほぼ全ての人が利用している検索エンジンがGoogleです。
ホームページで専門的な内容を載せるべき理由としてこのガイドラインが関わっています。
このガイドラインの一つに「YMYL(Your Money or Your Life)」という項目があります。
人の将来的な幸福や健康、金融にまつわる情報のことを指しています。
「医療や健康に関する情報は検索エンジン上で厳格に取り扱う」ということで、「専門性」「権威性」「信頼性」のある情報が必要となります。

参考:Google「検索品質評価ガイドライン
参考:Google「ウェブマスター向け公式ブログ

 

「増患」や「集患」より大事なこと

panis-blog-dental03

まとめると「患者さんが欲しい情報」と「Googleが評価する情報」に沿ったホームページ制作をするだけでいいのです。
「増患」や「集患」より大事なのは、「専門性の高いわかりやすい情報」と言えるのではないでしょうか。
むしろ「専門性の高いわかりやすい情報」を載せることが結果的に「増患」や「集患」につながるとも考えられます。

 

無料診断・ご提案します

もしこの記事を読んで「うちのホームページどうなんだろう?」と気になった先生がいらっしゃいましたら、無料で診断し、ホームページ制作のご提案を致します。
プロのデザイナーによるフルオーダーメイドの制作が可能です。
医療のガイドラインに精通したライターがおりますので、原稿のご用意が必要なく、丸投げでOKです。
歯科専門チームが先生のホームページと患者さんを結ぶお手伝いを致します。
まずはお気軽にご相談ください。

 

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    TOP